前へ
次へ

ペット葬を営む前にペットの状態をよくする

ペット葬を行うことは決まっても、なくなったペットの遺体は葬儀までどのようにして置いたらいいでしょうか。
さまざまな意見がありますが、安置を適切に行い、なくなったペットの尊厳を大切にしてあげることが望ましいといわれているため、参考にしてください。
多くの場合、数時間で死後硬直と呼ばれ、死体が固く硬直してしまいます。
そのときに妙な姿勢のままで固まってしまっていると、ペットの亡骸の状態が残念なことになってしまったり、体液が出てきてしまうことも多いです。
そのため、死後のペットが安らかに眠れるように、死後硬直をする前に眠っているように形を整えてあげるとよいでしょう。
ペットがちょうど入るような籠や段ボール箱があると、ペットが安らかに眠りにつけたと感じられやすいです。
箱の中にシーツやバスタオル、吸水シートなどを敷き詰めておき、体液を吸収できる形にしておくと、更に安らかな形でペット葬が営めるでしょう。
毛並みをブラシで整えて、体液などは清潔な布やガーゼでふき取り、直射日光や温かいところを避けて保管し、争議に備えてください。

Page Top